2018年05月と06月の読書メモ

読書手帖 » 2017.12 2018.01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2018年05月と06月の読書メモ【読んだ本:3冊+6作品】

06/30『きれいな色とことば』おーなり由子
06/07『落穴と振子』エドガー・アラン・ポー,佐々木直次郎
06/07『チャクラビューティ 女性の潜在的な美しさを色で引き出す新美容メソッド』西川眞知子,Lotus8
05/22『ふたりはいっしょ』アーノルド・ローベル,三木卓
05/11『鹿踊りのはじまり』宮沢賢治
05/09『月夜のでんしんばしら』宮沢賢治
05/06『かしわばやしの夜』宮沢賢治
05/04『山男の四月』宮沢賢治
05/02『水仙月の四日』宮沢賢治

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)   落穴と振子   きれいな色とことば   月夜のでんしんばしら   チャクラビューティ 女性の潜在的な美しさを色で引き出す新美容メソッド   鹿踊りのはじまり   かしわばやしの夜   山男の四月   水仙月の四日

ブログ村 おすすめ本へ
にほんブログ村 おすすめ本

 

きれいな色とことば

きれいな色とことば
おーなり由子
読了日:6月30日
★★★★★
145ページ。ブックデザイン/秦好史郎


P13 はじまりの色
色とりどりの 毎日が いとしく 思える日に。

P19 失恋の色
――せつなさは、かなしみより、すこしあたたかい。

P39 夏になる方法
「あのおばあさんは、夏と仲よくしているところ」

P52 水のようなひと
水のようなひとがいる。 たとえば湖。何かにふれ合うと、少しのことで、さざ波がたったり、すぐにゆれたりするけれど、底の方は静か。ひとりの時は、しずか。
 

落穴と振子

落穴と振子 (→青空文庫)
エドガー・アラン・ポー,佐々木直次郎
読了日:6月7日
★★★★★
紙の本の長さ:17ページ。底本「モルグ街の殺人事件」新潮文庫、新潮社。【ホラー】

 

チャクラビューティ 女性の潜在的な美しさを色で引き出す新美容メソッド

チャクラビューティ 女性の潜在的な美しさを色で引き出す新美容メソッド
西川眞知子,Lotus8
読了日:6月7日
★★★★☆
128ページ。デザイン/安民 写真/中島聡美 イラスト/園田レナ モデル/中原歩

 

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

ふたりはいっしょ
アーノルド・ローベル,三木卓
読了日:5月22日
★★★★★
64ページ。絵/アーノルド・ローベル。
・がまくんとかえるくんの物語「よていひょう」「はやくめをだせ」「クッキー」「こわくないやい」「がまくんのゆめ」の5編を収録。

 

鹿踊りのはじまり

鹿踊りのはじまり (→青空文庫)
宮沢賢治
読了日:5月11日
★★★★☆
紙の本の長さ:11ページ。底本「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社。

 

月夜のでんしんばしら

月夜のでんしんばしら (→青空文庫)
宮沢賢治
読了日:5月9日
★★★★☆
紙の本の長さ:8ページ。底本「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社。

 

山男の四月

山男の四月 (→青空文庫)
宮沢賢治
読了日:5月4日
★★★★★
紙の本の長さ:13ページ。底本「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社。
・物語に登場する支那人のことば。中国の人の話し方を表す片言ことばが、宮沢賢治の頃からあったなんて、新しい発見。山男自体も、最初の荒っぽさから考えると、なんだか可愛らしかった。

 

水仙月の四日

水仙月の四日 (→青空文庫)
宮沢賢治
読了日:5月2日
★★★★☆
紙の本の長さ:9ページ。底本「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社。


Tag: 読んだ本  おーなり由子  秦好史郎  エドガー・アラン・ポー  宮沢賢治  アーノルド・ローベル 

COMMENT 0